コールドルーム Cold rooms

コールドルーム Cold rooms image1 コールドルーム Cold rooms image1 コールドルーム Cold rooms image2
  • Plus
  • General characteristics

コールドルーム内の相対湿度を90-95%に保つことによる効果:
• 食品の保存を最適化し、売り上げを良くする;
• 食品の乾燥を防ぎ、販売重量の損失を防ぐ;
• 果物や野菜の新鮮な外観を保つ;
• 保管期間を延ばすことでごみを減らす

食品保存、特に果物と野菜において、気温と湿度の制御は品質と鮮度の保持に必要です。相対湿度が低すぎる(90-95%を下回る)と、食品から水分が失われ、販売重量が減少するとともに外観も損なわれ、さらには通常より早く廃棄しなければならなくなります。一方、制御された環境下では、低温と高湿度の二十効果により、そういった作用は大幅に抑制されます。
ブドウの保存を例とします。特定の品種において、推奨される温度は-1℃、相対湿度は90~95%の間です。空気が乾燥していると、ブドウから水分が失われます。 3%以上の水分が失われると、ブドウの実は張りを失い、萎みます。同様の現象は、重量の80~95%が水分でできている野菜の場合はもっと明確に起こります。野菜の種類によって、保存に適した数値は大きく異なります。例えば温度が0℃の際、適した相対湿度はタマネギが70%、ホウレンソウが95%です。
一般的に、5%の水分が失われると、食品の外観は変化し、売り物にならなくなります。この問題を解決するため、コールドルームには加湿器を設置し、適切な湿度を保つことで食品保存を最適化します。
CARELは多様なコントローラーと加湿器を、異なる流速と動作特性で提供します。これらのシステムは高効率かつ省エネルギーで、最大の信頼性と安全性を保証します。

Global Site

PAGE TOP